葬儀で派手な時計はNG

葬儀で派手な時計はNG

葬儀で派手な時計はNG 葬儀に参列する方はファッションに注意しましょう。
どんな時もおしゃれに気を配る事は大切です。
しかしファッションとは同時に場と雰囲気に合った装いをする事でもあります。

おしゃれなコーディネートで葬儀に参列したところ、遺族の反感を買い大勢の人々の批判された、こういった経験を持つ人々が少なからずいらっしゃいます。

ジャケットやボトムスは気を配りやすいですが、一方で盲点になりやすいのが時計です。
ついつい普段の癖で自分の好きなブランドの時計をつけて葬儀に参列してしまう方も多いですが、装飾が目立つ物や色が派手な物は周囲の人々のひんしゅくを買います。

デザイン自体は比較的シンプルでも一流ブランドの時計などを身に着けていくのも基本的にNGです。
モノトーンでシンプルなデザインの製品が葬儀に参列する場合に適しています。
遺族側から特に指摘がない限り、ドレスコードとして守りましょう。
ピンクや黄色がメインカラーの製品もNGです。

葬儀にいくなら装飾品は外していきましょう

葬儀にいくなら装飾品は外していきましょう 葬儀に行くのなら装飾品は外していくのが鉄則です。
悲しみの気持ちを表す意味でアクセサリー類は極力外すと覚えておきましょう。
海外の葬儀の場合は洋装のため男性がネクタイを締めるように女性の洋装フォーマルにノージュエリーはドレスコード違反とされることもあります。
そのため真珠の一連のネックレスを日本でもつけることが礼儀だとする考えもありますが、和服文化の日本では結婚指輪や婚約指輪以外はつけない方が望ましいという意見が一般的です。

和装の場合には装飾品はつけない、洋装の場合でも慎ましく執り行われる葬儀では派手なアクセサリーは控えるのがマナーと考えると良いでしょう。
ネックレスは不幸が重なる印象につながらないように二一連以上のものは避け、必ず一連のものを使用するのがマナーです。
珠が大きすぎるものも華美にみえるため使用しないほうがいいでしょう。
急な葬儀などでかけつけた場合になどには装飾品はすべて外して参列したほうが無難です。