葬儀の情報が満載

葬儀時に着るシャツは派手すぎないものを

葬儀時に着るシャツは派手すぎないものを 葬儀の際に着て行く物は、失礼がないように気をつけなければなりません。
特に会社の関係の方や、これまでお世話になった恩師の方など、生前お世話になった方の葬儀へ出席する際には礼儀をわきまえていないと思われないように特に注意しましょう。
会社の取引先で失礼があった場合は大きな問題に発展しかねかせん。
突然の不幸の場合、着て行く洋服を用意する暇がないかもしれませんが、まず男性の場合シャツは白の無地であることが常識です。
白以外の黒、グレーなど暗い色を着て行っても良いと考えている方もいますが、白以外はマナー違反であると認識しておきましょう。
白地にアクセントやストライプの柄もマナーに違反しています。
あくまでも無地の白いシャツを着て行かなければなりません。
白のワイシャツは冠婚葬祭の際には必需品となりますので、社会人になったら1枚2枚持っておくことが望ましいでしょう。
冠婚葬祭の場でマナーがなっていないと自分の信頼に傷がついてしまうかもしれません。

葬儀には黒い靴下で行きましょう

葬儀には黒い靴下で行きましょう 葬儀には黒い靴下で行くのが常識であり、外してはならないポイントの一つになります。
女性の場合は、黒の靴下の一つや二つは常備品ですが、男性の場合はどうやらそうでもなく、黒っぽいものは持っているが、黒は持っていないという人が存外多くいますが、少なくとも一足は用意しておきたいところです。
喪服や黒ネクタイ、黒い靴などとセットで葬儀用の服装としておくのが、社会人としての常識と言えます。
紺であれば目立たないとか、ブランドマークがついていても目立たなければいいという人がいますが、故人を偲び、故人のご冥福を心よりお祈りするのであれば、黒い靴下も外せないものと言えます。
参列するだけであれば、男性の場合は喪服用のズボンに隠れて見えないということがあるものの、靴を脱いで座るような場合は目につくので、そのことも意識しておく必要があります。
第一葬儀と言うのは、見える見えないの問題ではなく、気持ちの問題だと考えれば、服装によって身も心も正すのはとても重要なことなのです。