葬儀の情報が満載

葬儀用のネクタイは黒

葬儀用のネクタイは黒 葬儀で身に付けるネクタイは何色なら失礼にあたらないのか、柄はどのようなものがいいのか、といった疑問を抱えている方もいるでしょう。
基本的に葬儀用のネクタイは黒色のものになります。
例え黒でも生地に光沢があるものはNGです。
また、柄は無地であることもマナーです。
これは一般的にブラックフォーマルと言われる服装で、ネクタイなら光沢のない黒無地を着用していればまず間違いありません。
葬儀はお祝いではなく故人を弔う場所ですので、派手な色やデザインのものを付けて、遺族の方が不快な思いをしないよう気をつけたいところです。
ただし、少数ながらも一部宗教によっては白色を付けるケースも存在します。
あくまで少数なので多くの場合は黒で問題ないですが、もし気になるようならどのような宗教か確認してみてもよいでしょう。
急な葬儀で用意できないということがないよう、一本は購入しておき備えておくのも有効です。
そしてなにより、故人を弔う気持ちを大事にしましょう。

ハンカチは葬儀のときはモノトーンで

ハンカチは葬儀のときはモノトーンで 突然の訃報を受けると平常心でいようと思ってもなかなか難しく、葬儀の準備を行おうとしても焦って混乱してしまう人も多いのではないでしょうか。
しかし、どのような状況であっても親しい仲であっても通夜や葬儀に参列する場合にはマナーというものがとても大切になってきます。
とくに喪服などの服装や小物などは普段の生活で使用するものとは違うのでマナー違反をしないように事前に確認をして準備をしておくことが重要です。
喪服は男女ともにブラックフォーマルのスーツを着用するようにしましょう。
男性のネクタイやベルト、女性のストッキングも黒色を選ぶとよいです。
また時計などのアクセサリーや手袋やマフラーなども柄物などは避けるようにしてシックな感じのものを選ぶべきです。
ハンカチも同じです。
モノトーンで、あまり装飾などのないものを持つようにしましょう。
葬儀は自己主張をする場ではありません。
故人やご遺族に対して配慮の感じられる装いを心がけることが大切です。