葬儀に履いていく靴は黒

葬儀に履いていく靴は黒

葬儀に履いていく靴は黒 葬儀へ出席する際の服装は、ブラックフォーマルと呼ばれる黒いスーツや黒いワンピースを着用することが多いです。その際、男性は白いワイシャツに黒いネクタイ、靴下も黒です。女性はパンツスーツでもスカートのスーツでも構いませんし、ワンピースでも良いでしょう。その際女性もストッキングは黒です。そのため女性も男性も靴は黒にしましょう。
冬場の葬儀の場合もできればコートや手袋も黒が良いのですが、ない場合は暗い色合いであれば構いません。皮製品は殺生に繋がるので良くないとされる地域もあるようですが、難しいので普通は余り気にしなくても良いでしょう。葬儀で騒がない程度の年齢のお子さんを同行させる場合は、黒やグレー紺色等の地味な服装をさせ、学生であれば制服でかまいません。
女性のアクセサリーは真珠を着用する方がいらっしゃいますが黒真珠がおすすめです。髪留めも黒でシンプルなものを着用すると良いでしょう。男性も女性もカバンも黒に統一したほうがいいので靴もおなじようにすると安心です。

髪型も葬儀では派手に立てたりしないように

髪型も葬儀では派手に立てたりしないように 葬儀に参列する際は服装と髪型に注意しなければいけません。突然の事なので焦ってしまう方々が大半です。地味な服装で参加する事については多くの人々が熟知しています。一方で髪型についてはあまり意識されない方々が多いようです。普段通りワックスなどを使って自分らしいスタイルで参列してしまう人々もいらっしゃいます。

特に男性の場合、意識されない方々が多くいつも通りの癖でワックスを使って寝ぐせを直してソフトモヒカン風のスタイルを無意識的に作った上で葬儀に参列します。葬儀は特別な場所です。ソフトモヒカンのようなスタイルは若者目線では普通のスタイルかもしれませんが、年配の方々すれば非常に派手なスタイルに思われます。最悪の場合、髪型を理由に一方的に批判されたり、葬儀への参加を断られる恐れさえあります。

突然の事なので多くの方々が対応できないものですが、ワックスやヘアドライヤーを巧みに活用したスタイルは避け、地味なヘアスタイルで参加するように心がけましょう。