挨拶のマナー

挨拶のマナー

挨拶のマナー 葬儀に出るときは遺族や親族の方々に言う挨拶のマナーは、シンプルで差し障りのないことを手短に言うのが良いです。
葬儀のときに使ってはいけない挨拶の言葉は病状や死因を聞くことは失礼にあたりますので、聞きたくても我慢するようにしましょう。
ではどんな言葉が良いかと言うと、一般的には「この度はご愁傷様です。」「この度は突然のことで大変でしたね。」「心からお悔やみ申し上げます。」というような言葉を掛けるようにします。
その後に「お手伝いをすることがありましたら、何なりとおという言葉を申し付けください。」という言葉をつけるようにします。
また花や供物を持ってきているときは、「どうぞお備えください。」と付け加えるようにすると良いでしょう。
故人と対面するときは、必ず遺族の許可を得てから、故人に近づき手を合わせ一礼してから対面するようにします。
そして「安らかなお顔ですね。」と言って、遺族に向かって「有難う御座いました。」というようにするのが正しいマナーです。

意外と知らない葬儀の服装マナーの落とし穴

意外と知らない葬儀の服装マナーの落とし穴 最近は葬式に関するマナーも許容範囲が広がり、服装のにもそれほどうるさくなくなってきました。
しかし、普段何気なく来ている葬儀での服装が許されないということもあります。
まず男性のスーツですが、黒であることはもちろんのこと、ベントと呼ばれる背中部分の切れ込みは喪服として認められない場合があります。
というのもベントは剣を抜き差しするのに便利であることや、馬に乗る際に動きを邪魔しないことを目的としているので、葬儀にはふさわしくないからです。
また、学生の場合にはローファーでの参列も問題ないとされていますが、成人の場合にはローファーがマナー違反とされる場合もあります。
そもそもローファーは「怠け者」という意味でカジュアルスタイルに用いる靴だからです。
靴は男性の場合は穴飾りなどがあしらわれていない内羽根のストレートチップが無難です。
なお、女性の場合には殺生を意味する革素材は避けヒールもそれほど高くないエナメルのパンプスが適しています。