葬儀の情報が満載

このサイトでは、急な通夜や葬儀に何を着ていけばよいのか分からず慌てないために、知っておくべき服装のマナーをご紹介します。
男性はブラックスーツが基本です。
ダブル、シングルなどのデザインに決まりはありません。
シャツは白を選び、ネクタイは黒にする必要があります。
ネクタイピンは付けません。
また、見落としがちなのが時計です。
普段使用している時計がゴールドや派手なデザインの人は気をつけましょう。
あくまでもシンプルで目立たないものを選びます。

【男性編】葬儀での適切な服装

【男性編】葬儀での適切な服装 葬儀では、故人に対する喪の気持ちを表すものとして、服装には気をつけなければなりません。
故人のご家族や親戚に不愉快な思いをさせないというのは社会人としての最低限のマナーでもあります。
急な連絡に慌てないためにも、一度おさらいしておきましょう。
男性が葬儀の服装で気をつけるべきことはそんなに多くはありません。
ブラックスーツに黒いネクタイ、そして白いシャツです。
もちろん靴も黒いものを用意します。
見落としがちなのは、時計などのアクセサリー類でしょう。
派手なゴールドやデザインのものは避ける必要があります。
もうひとつ大切なのは清潔感です。
靴はきちんと磨かれていますか。
シャツにしわはありませんか。
出かける前にきちんとチェックしてください。

男性の葬儀用の服はスーツでOK

男性の葬儀用の服はスーツでOK 男性が葬儀に向かう時の服装は、地域によって大きな差はありません。
今は一般の葬儀では、喪主も含めて略礼服の黒のスーツを着ることがほとんどです。
スーツにはシングルとダブルがありますが、どちらでも大丈夫です。
ワイシャツは白が基本で、カラーシャツや柄物は避けましょう。
ネクタイは結び方に決まりはありませんが、黒無地が基本です。
ネクタイピンやポケットチーフは、華やかさが出るので、身に着けないのがマナーです。
靴は黒無地で、金具やスエードが付いているものは避けましょう。
靴下は、黒無地で柄物でないものを選びます。
それと寒い時期の葬儀の出席で注意が必要な点は、毛皮のコートは避けるということです。
これは殺生を連想させるためと言われています。
葬儀に出席する場合は、黒スーツを着用することが礼儀ですが、通夜に参加するときは、訃報を聞いて急ぎ駆けつけることがほとんどですので、通常の仕事で着ているようなスーツでも問題はありません。
遺族の方も、急なことで喪服を着ていないこともあるので、喪服を着ていくとかえって失礼に当たる場合もあるからです。
しかし色は派手なものではなく、黒や濃紺、ダークグレーなどの地味なものにするのが無難です。
つまり、通夜の出席には地味な平服でもオッケー、告別式には黒の礼服で参加すると覚えておくと良いでしょう。
どちらの場合でも、ネクタイは必ず黒いものを着用しましょう。

葬儀に関する情報リンク

千葉県鎌ケ谷市で24時間対応の葬儀場です。

鎌ケ谷市対応の家族葬の葬儀場・斎場・お葬式